小池東京都知事が新党「希望の党」の代表に就任したことについて

昨日のニュースで小池東京都知事が「希望の党」の代表に就任したと報じていました。その番組の中である政党の代表が「都政と国政の2足の草鞋を履くのはどういうものか」と言っていたようです。ただ日本維新の会の代表は松井大阪府知事がなっていますが、知事経験者は知事の仕事は忙しいので国政との兼務は無理だと言っていたようです。
この新しい政党は東京都議選で躍進した「都民ファーストの会」が中心になっているようですし、党綱領も代表が決まった時に発表したようです。
日本では30年前から新しい政党が出来ては解散し、また新しい政党が出来るということを何回繰り返しています。その新しい政党が2回政権を担いましたが、あまり長続きはしなかったです。今回は「希望の党」が衆議院議員選挙の目玉になるようですが、もうそろそろ新しい政党に期待するよりも政党を育てていつでも政権交代できるようにしたいです。そのためには新しい政党を気長に見守っていく必要があると思います。キャッシング 即日融資