中国製品と日本の「Made in China」はどう違う

今や日本の観光地は何処に行っても中国人旅行客に出会います、ホテルなども中国団体客でいっぱいです。
そして中国人旅行客が日本国内の家電量販店やドラッグストアそれに百貨店などで根こそぎともいえるほどの購買意欲を見せつけている、その風景が当たり前のようになってその姿を「爆買い」と形容されて流行語大賞にも選ばれたほどである、値段に拘らずに夫々が予め決めていたかの様に商品を手にしているのです、これは日本の商品の性能・品質の良さが評価されている証でもあるのだが、逆に中国の国内で売られている商品がそれ程に粗悪なのかとも考えてしまいます、日本で売られている商品にはよく見ると「Made in China」表記の物も少なくないのでちょっと複雑な気もするのですが、中国人旅行客には「Made in China」と「Made in Japan」はちゃんと目に入っているのだろうか、「Made in China」でも日本がプロデュースしているものは日本製と捉えているのでしょうか。中国で生産されていても日本のプロデュースで生産しているものはたとえ「Made in China」でも基本的には品質が確保されており、人件費を安く抑えられた分で価格も安く提供されているのです。
日本も中国の商品を輸入販売していますが、中国の商品といえばいわゆる「パクリ」と言われている真似をした商品も目立ちます、商標権を脅かすギリギリの表記なども度々話題になっている、そして憂慮すべきは高級ブランド品の偽物でありこれはもう中国の「お家芸」と言えるかもしれません。そんなことからも思うのは、中国は「お金儲け」有りきで「性能・品質」を二の次に製造販売しており、日本は買ってもらう為に「性能・品質」を重視しているというところか、これがお国柄の違いなのでしょうか。借金 50 万